■健康子育てサポート

「脳科学」「教育学」に基づく脳育・運動プログラムで

「脳」と「ココロ」と「カラダ」を鍛えて

「脳活性」「キレない」「諦めない」こどもに育てる

■背景

①こどもの「運動・言語通過の遅れ」

乳幼児の運動・言語機能の通過を10年前と比較するとやや遅くなっている。*運動機能:寝返り、はいはい、ひとり歩き、言語機能:単語での会話(文部科学省 平成25年度子ども・若者白書)

②こどもの「脳 抑制機能獲得の遅れ」

40年以上に亘る、こどもの 脳機能調査から「抑制機能」の獲得に時期が遅れている。

■ヘルコミプログラム

40年以上に亘る、こどもの 脳機能調査から「抑制機能」の獲得に時期が遅れている。